読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦川英幸のfieldwork.fishingcreative

年間休日のほとんどを水辺ですごします。ルアー作りの試行錯誤とフィールドワークをメインに書いてます。

面倒臭いから一本でどうなの?魚を探す旅

                魚を探す旅からの…
                 マニアックな話し
                    f:id:slackfish:20150629215601j:image
17歳の頃運命の魚と言うか、稲荷川でスズキに出会い、事を遡る事9年前、出稼ぎというのか?なんというのか?
全て仕事の関係で東海地方や九州は福岡県から大分まで遠賀川に今川、耶馬渓ダムに周辺の野池、犬丸川が好きだった。
福岡では、よしちゃんが芦屋基地に勤務してる頃毎週のように一年半遠賀川にみっちり通い詰めた。あの辺の水路という水路をみっちりかっちりここも居るならあそこはどうなの?とか、ありとあらゆる河川や野池で遊んでた、しかも毎週だ。
当時19歳だった自分は車の免許を持ってなくて、地図を片手にチャリンコで東海地方の岡崎の野池群、矢作川等釣れない釣りをこなしてた頃タックルはメガバスのF4ー66XトーナメントバーサタイルにリールはTDZ、ルアーはメガバスのV3フラットシャッドというスピナーベイトで初めてブラックバスの50upを釣ったのは天狗堂裏の東楽園の池だった。

                    f:id:slackfish:20150629201029j:image
陸っぱりでタックル4本持ち歩いたりしてた事もあった。
 
昔でいうメガバスオタク通称メガオタだった笑
F6ー68裂壊からF3ー610飛燕F2ー611スーパーフルハウス
今でも色褪せないタックル達だ。
その当時に購入したアルファスito←知ってたら超通笑未だに家で健在してる。
根っからのバス釣り大好き人間と言いたい所だが、鹿児島に帰るや否や河川のヒラスズキからの磯のルアーゲームに転向していく末路を辿ってますハイ。

      ↓話がだいぶそれたが本題へ↓
今自分の中でハマってる釣り、そうオフショアのシャローゲーム。
                  f:id:slackfish:20150629203455j:image
海の中って宇宙より不思議っす、だって宇宙は人間行ったけど、深海って誰も行ってないし、、ワクワクするし、、笑
でもシャロー=浅場=餌場+流れとくればワクワクが止まらないのだ!
 
以前述べた船からのマイクロフリップキャスティングゲーム
                   f:id:slackfish:20150629204847j:image
あのミドスト風なバス釣りに似た感覚がたまらなく大好きなのだ!
自らアワセを入れる特有のゲーム?!
マイクロフリップが釣れるのは百も承知、水深10mから30m前後の急激なカゲアガリや砂地等でゲームを行う訳だが、、サーフェスゲームもアリ?!でしょ笑?サーフェスというメソッドはもう確率されてますが爆笑
自分の弾なら別にエェやろ笑
10cm前後の釣れる既製品は沢山ありますが、、
            頭の中に浮かんだ…
     やっぱりこれでしょ!?!?
                思いを形に        
          f:id:slackfish:20150629213330j:image
                     f:id:slackfish:20150629213347j:image
自分の性格上面倒臭がりかつシンプルでタックル一本で行ったろうか!的な感覚だ!
船からのPE1号でカンパチの4kgクラスが水中のストラクチャーから離して上げれるならサーフェスゲームにはもっと分があるんじゃないか?!
マイクロフリップを使う場合PE0.3号からPE1.5前後なのだが、色々な理由があるが、1番の理由は潮の抵抗をなるべく受けないようにとタングステン特有の小粒のボディを、最大限に生かす為の仕掛け、オフショアライトゲームの最先端
自分のロッドはFCLLABOから発売されてるUC85PRO通称85PROだ、調べたら分かるが、キャストMAX80gだが使い勝手の良さから船からのキャスティングでマグロをも視野に入れてるバチバチロッドだ!自分はショアもオフショアもこれ一本で済ます。
マイクロフリップとサーフェスゲームをこなせる一本で今年はオフショアを楽しみたい。
船上で竿を持ち替えてビックプラグを投げるのも手かも知れないが…
自分は自分の出来る事と出来ない事、楽しむ事と釣る事はシンプルに笑
とりあえず楽しみが頭に浮かんだら失敗だろうが成功だろうが、、やってみなきゃ始まらない。
日曜日までに間に合うかな…。。