読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦川英幸のfieldwork.fishingcreative

年間休日のほとんどを水辺ですごします。ルアー作りの試行錯誤とフィールドワークをメインに書いてます。

屋久島アイランドトレイル大自然編

                   f:id:slackfish:20160815212511j:image

山と海と酒と魚と人間の優しさと言葉と感情。

お金を求める訳じゃないから。

世間の情報と常識をシャットアウトして、非日常を味わう、いや‥

理想の生き方を体験したという方が正しい。

                  f:id:slackfish:20160815212827j:image

真夜中の12時を回っても、話が尽きない。

                  f:id:slackfish:20160815212922j:image

僕らを受け入れてくれたコータローさん家である。

                   f:id:slackfish:20160815212957j:image

開口一番からお父さんの気さくさと優しさと人間味、癖になる言葉、僕の心は満たされてしまった。

初日はお盆という事で、コータローさんの親戚の家に夜な夜な連れて行って貰った。

             f:id:slackfish:20160815213317j:image

コータローさんの兄弟や、姪っ子、全く僕らは関係ないのに、ご馳走を頂く。

                          f:id:slackfish:20160815213413j:image

                   f:id:slackfish:20160815213428j:image

飲んで飲んで食べて食べて、お父さんの歌に手拍子と、家族と変わらない接し方で、お腹いっぱい頂いた。

                   f:id:slackfish:20160815213548j:image

コータローさんの実家に帰り着いたのは夜中で、月を見ながら、火を囲み、屋久島のお話に耳を傾けるのだ。

                    f:id:slackfish:20160815213723j:image

屋久島全体は水力発電で賄ってるらしい。

コータローさんの実家はテレビがない。

別に驚く事ではない、僕も全く見ない笑

                  f:id:slackfish:20160815213945j:image

山や水豊富ならば、海はもっともっと豊富な幸に溢れてる。

頭の中は、魚釣りより、屋久島の魅力にとりつかれ、もっと知りたいもっと知りたいと思っていた。

                   f:id:slackfish:20160815214205j:image

屋久島の約90パーセントは森で、自分がいる間に覚えた山はモッチョム岳と宮之浦岳、全てが重なり八重岳と言うらしい。

                   f:id:slackfish:20160815214329j:image

至る所に滝や水が溢れ

                   f:id:slackfish:20160815214406j:image

川の透明度と海の綺麗さには目をみはる物があった。

                   f:id:slackfish:20160815214500j:image

                   f:id:slackfish:20160815215323j:image

 

今回の相棒はハルキチ、コンシェルジュはコータローさん。

                    f:id:slackfish:20160815215353j:image

僕らが生まれて30年近くなるが、30歳の夏休みが一番素敵だって事は間違いない。

                    f:id:slackfish:20160815215430j:image

                   f:id:slackfish:20160815214836j:image

誰にも何にも邪魔されない。

好きなものに囲まれた生活。

理想がこの島にはあった。。。。。