読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦川英幸のfieldwork.fishingcreative

年間休日のほとんどを水辺ですごします。ルアー作りの試行錯誤とフィールドワークをメインに書いてます。

普段と変わらない。何も。

当たり前が当たり前じゃ無くなる日がいつか来る。
きっといつか自分にも来る。
僕は先々週インフルエンザにかかり、少し体調がよくなり少し暇を持て余し、稲荷川周辺の堤防に出掛けた、そう、ちょうど震災の日だ。
                  f:id:slackfish:20160422223601j:image
マイクロフリップを片手に可愛い鯛が出迎えてくれた、次の日仕事に復帰しようと、社長に電話を入れ、ルアーを削ってる最中に携帯の非常アラームが鳴り響いた。
珍しくテレビをつけたら、熊本と書いてあった。
僕のオヤジは熊本出身で、浦川と言う苗字は熊本や長崎に多いらしい、まだオヤジのお父さんも100歳近いが、生きており、妹さんや、自分の兄貴にあたる親戚が住んでいる。
                  f:id:slackfish:20160422224047j:image
子供の頃のオヤジの後ろの加藤清正が建てた熊本城もテレビで見たら見るも無残な姿になっていた。四年前、彼女と一緒に行ったっきりである。

オヤジが歩けなくなって6年は経つだろうか?月に数回実家に戻るが、相変わらず体調の話しかしない笑僕は相変わらず頷く程度で話を済ます。
やはり熊本市内の家はめちゃくちゃになっていたらしい、自分は仕事もあるし、生活もある。

fbを見たら色々と好き放題言いたい放題やってるが、自分の生活が最優先で、働く事が精一杯なサラリーマンには、毎日毎日仕事が来る。
震災があっても、仕事をしなきゃいけない。

隣の県は困ってるが、僕らは仕事が来る、生活が来る。ある意味理不尽にも思えた。
 
ここぞばかりにいい人ぶるのは辞めたい。
鹿児島は何事も無く、普段と変わらない。
川内の原発だけは、本当に気掛かりだが、電気を使うな‥と言われたらそれはそれで困る訳で、理不尽に理不尽が見えてしまう一週間だった。


自分に出来る事は、募金と会社で募った義援金を払えるだけ払う事が精一杯だった。
先週は休日は弟と2人で時間を過ごした、瞬く間にベイトキャスティングを覚えた。
                   f:id:slackfish:20160422225529j:image
ルアーフィッシングの基本中の基本まずはFWが一番!キャスティングする→ルアーをロッドで操作する→魚を掛ける→
                   f:id:slackfish:20160422225710j:image
糞な兄貴が釣りを教えるとなれば‥もう手の付けようがないルアーマンになるのは目に見えてる。
                   f:id:slackfish:20160422230239j:image
                       f:id:slackfish:20160422230315j:image
1日でも早く復興出来ますように。
あれから毎日思ってます。