読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦川英幸のfieldwork.fishingcreative

年間休日のほとんどを水辺ですごします。ルアー作りの試行錯誤とフィールドワークをメインに書いてます。

終わり見えれば時にまた振り出し湾内と淡水

                  f:id:slackfish:20160404191810j:image


     釣る目線

          と 

     作る目線
           +
ルアーの機能美

飽き性の自分は、二週も続けて行くと‥飽きる。
例えば?デカイやつに切られた?
とか
例えば釣れなかったとか?
そう言う何かしらの反応があれば連日連夜
夜も昼も行くんだが‥笑
同じタイミングと同じルアーで、、釣れたなら納得ではないだろうか?
 
でもこればかりは自然相手だもの。淡水に海水に川に磯に浜にとetc
日本には、四季がある。
一年一年の変化はある、だからフィールドを探す。魚種を変えルアーを作る、バチンーとハマった瞬間に何物にも変えられない刺激と感動と興奮を覚える。僕は知ってるんだ
                    《過去の写真です
               f:id:slackfish:20160404202238j:image
                   f:id:slackfish:20160404202252j:image
その快感を。。。
例えば海外に目を向ける、僕が知らない魚達
バラマンディにロウニンアジ、マーレーコッド、オージーバス
自分のルアーで挑むと決めてるあの島とケラマで釣り人生を完結させると決めてる。

知らない土地と知らない魚知らない言葉に知らない道知らない人に知らない水辺知らない知らない知らないが大好きだ。
人を好きになる瞬間、この人の全てを知りたいと思う気持ちとなんら変わらない事じゃないだろうか?

                  
と、まぁ、屁理屈やゴタクを並べてリアルとクリエイティブを大義名分としたジキルとハイドみたい笑。。笑
でもね、、売る目線や凄い釣ってるだろ的な?釣りの有名人知ってるとか笑?たかがおっさんやれーよ笑
道具こだわってるだろ笑?とか
商売だとか笑?

サラサラ興味もない。
 
二週も懲りずに今回も湾内+淡水に行った、お決まり永遠のスタンダードペンシル、メガバスジャイアントドッグエックス。
                    f:id:slackfish:20160404195850j:image
別にメガバスさんを贔屓してる訳じゃないし、押しでもないが
                   メガバスの物作り
         ⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

実際釣具屋さんで陳列されてるプラルアーで使うのはメガバスさんとKTENさん位だ。機能美を兼ね備えたルアーって日本のルアーで一番カッコイイ形って僕の中ではメガバスさんだと今でも思ってます。
アメルアも好きです、とゆうか、未だに巻物《クランクベイト》が大好きですから。
ストライクキングにボーマー、ノーマンに、ルーハージェンセンのスピードトラップ等、全てブラックバスから海まで日本でも活躍出来るはず。
今ソルトで流行りを作ってるプラルアー達は自分が20代の頃それなりに活躍してたイケてる本でもお馴染みなカッコイイ人達のルアーじゃないだろうか?
魚を釣り、時間にPAYする、広告を打ち1つの形と表現として雑誌やテレビ等その見返りにお金を頂く当たり前の社会のシステム?なのかどうなのか知らないが笑
本当に魚釣りが大好きで大好きで仕方がない
人伝いでも、雑誌伝いでも、なんでもいいが、釣りをかじったり本格的に始めたいという人達が一番知りたい
釣る目線が一番主役じゃないといけないはずじゃないだろうか?
何かを与えてくれる、何かを教えてくれる、楽しいやワクワクがあるべきはずの、媒体が全然イケテナイ笑。
タックルボックスの中身が皆同じメーカーじゃなきゃ駄目なのか笑?
アイドルみたいなおっさんなのかなんなのか笑?
右ムキャ右が正しいのか?そりゃ同じメーカーが好きなら好きで構わないが笑
俺には無いダサいそんなセンスです笑
だからバスもヒラスズキもナマズもマルスズキもなんでも大好きな魚達だ。
                  f:id:slackfish:20160404191754j:image
                 f:id:slackfish:20160404204858j:image
                      f:id:slackfish:20160404203622j:image
                  f:id:slackfish:20160404204917j:image
磯から離れたら色々な気持ちがフツフツと湧く。

昔の雑誌と言っても、1999年に初めてソルトアンドストリームを購入した、小学六年生の時だ。同時に先輩から借りたL&Fに村上晴彦が表紙の淡水の雑誌。
雑誌の、中から飛び抜けて物心を掴み、自分のライフワークの中心になった魚釣り、色々な事を学んで色々な事を経験できた、県外に単身で行ってもそこに魚が居たら、生きてる感がある、楽しみを覚える。
                
ルアーで駄目なら万年大活躍な鯉だっている
                   《過去の写真です》 
                    f:id:slackfish:20160404204200j:image
鯉には悪いがGTタックルのパワーを知るにはちょうどいい笑
一応述べておきたい、自分は魚釣りやルアー成形で生活を建ててない、あいつは無責任にツラツラと語りやがってと思われたくはないから笑、、
声を大にして言いたい、魚釣りのおかげで、生活が成り立ってる、仕事も夢も魚釣りで見出せる。
魚釣りが無かったらなんの取り柄も無い。
離婚も経験した、大切な物を失った。
 
それでも魚釣りは変わらず行ってる。
主役は与える媒体じゃない、きっかけを掴む物であって主役は全てのアングラーだ!
暇ならどうぞ!