読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦川英幸のfieldwork.fishingcreative

年間休日のほとんどを水辺ですごします。ルアー作りの試行錯誤とフィールドワークをメインに書いてます。

屋久島アイランドトレイル大自然編

                   f:id:slackfish:20160815212511j:image

山と海と酒と魚と人間の優しさと言葉と感情。

お金を求める訳じゃないから。

世間の情報と常識をシャットアウトして、非日常を味わう、いや‥

理想の生き方を体験したという方が正しい。

                  f:id:slackfish:20160815212827j:image

真夜中の12時を回っても、話が尽きない。

                  f:id:slackfish:20160815212922j:image

僕らを受け入れてくれたコータローさん家である。

                   f:id:slackfish:20160815212957j:image

開口一番からお父さんの気さくさと優しさと人間味、癖になる言葉、僕の心は満たされてしまった。

初日はお盆という事で、コータローさんの親戚の家に夜な夜な連れて行って貰った。

             f:id:slackfish:20160815213317j:image

コータローさんの兄弟や、姪っ子、全く僕らは関係ないのに、ご馳走を頂く。

                          f:id:slackfish:20160815213413j:image

                   f:id:slackfish:20160815213428j:image

飲んで飲んで食べて食べて、お父さんの歌に手拍子と、家族と変わらない接し方で、お腹いっぱい頂いた。

                   f:id:slackfish:20160815213548j:image

コータローさんの実家に帰り着いたのは夜中で、月を見ながら、火を囲み、屋久島のお話に耳を傾けるのだ。

                    f:id:slackfish:20160815213723j:image

屋久島全体は水力発電で賄ってるらしい。

コータローさんの実家はテレビがない。

別に驚く事ではない、僕も全く見ない笑

                  f:id:slackfish:20160815213945j:image

山や水豊富ならば、海はもっともっと豊富な幸に溢れてる。

頭の中は、魚釣りより、屋久島の魅力にとりつかれ、もっと知りたいもっと知りたいと思っていた。

                   f:id:slackfish:20160815214205j:image

屋久島の約90パーセントは森で、自分がいる間に覚えた山はモッチョム岳と宮之浦岳、全てが重なり八重岳と言うらしい。

                   f:id:slackfish:20160815214329j:image

至る所に滝や水が溢れ

                   f:id:slackfish:20160815214406j:image

川の透明度と海の綺麗さには目をみはる物があった。

                   f:id:slackfish:20160815214500j:image

                   f:id:slackfish:20160815215323j:image

 

今回の相棒はハルキチ、コンシェルジュはコータローさん。

                    f:id:slackfish:20160815215353j:image

僕らが生まれて30年近くなるが、30歳の夏休みが一番素敵だって事は間違いない。

                    f:id:slackfish:20160815215430j:image

                   f:id:slackfish:20160815214836j:image

誰にも何にも邪魔されない。

好きなものに囲まれた生活。

理想がこの島にはあった。。。。。

 

 

今年3島目ののアイランドトレイル準備中

                        f:id:slackfish:20160812104643j:image

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥?

                           登ってこい!

                    f:id:slackfish:20160812104815j:image

釣りを始めて2カ月の弟子を引き連れて南薩をぶらぶらした。

                    f:id:slackfish:20160812104930j:image

朝一発目からヒラマサかブリがお互い同時ヒットからラインブレイクをし、肩を落とし、弟子は青物の引きに恐れをなして、磯を後にした。

 

その前に、俺は丸一カ月家で休息を取ってないんだ笑

暑い中太陽の下で歩く草刈り歩く草刈り歩く草刈り草刈り草刈り草刈り草刈り草刈りもーうんざりである。久しぶりに口にした‥

 

疲れた。

 

休みが来るたび地磯を歩き回る、もう30歳である。自分で選んだ道であるが、今日お盆の初日は久しぶりにゆっくりしている。

                              f:id:slackfish:20160812105336j:image

                            f:id:slackfish:20160812105510j:image

弟子には、淡水から海から川からサーフからと出来る限り楽しいと思える釣りを展開している。2カ月も竿を振ればそれなりの形になり、ルアーの動作やフィールド選定等分かってきてるような物を言う。

自分が出来る唯一の事は釣りの楽しみ方を伝える、きっかけになればと思いながらしている。

                    f:id:slackfish:20160812105829j:image

磯に降りる際は口酸っぱく危険予知とルールを叩きこんだ、魚のランディングはバスや鯉で学び、また、他の人と釣りに行く際もこうやって扱った方がいいぜみたいな?まぁ、魚に針を引っ掛けて遊んでる以上最大の魚に対してのいたわりはもって釣りをしたい。

                       f:id:slackfish:20160812110934j:image

アイランドトレイル3島目に選んだ場所はコータローさんの地元に行く予定である、まぁ、僕の相方も宮崎から参戦する予定だが。

煌びやかな喧騒から早く抜け出したい、そう思ったお盆初日の午前中であった。

 

                    f:id:slackfish:20160812111215j:image

 

 

 

大好きなアングラーと再会

                       f:id:slackfish:20160801212217j:image

もしも‥魚釣りが仕事なら絶対やらない。

ライフワークの一つだが、仕事ならやらない。

気持ちに嘘をついてまでやらない。

 

大好きな友達と遊ぶなら話は別‥笑

 

遠くに行ってしまった彼は、昨日は昔と変わらず接してくれた笑

 

もしも‥

僕に魚釣りの結果とは何か?

問われたら

大好きなフィールドで、フィールドワークで自分で削ったルアーで釣った魚が結果ですと答える。

                        f:id:slackfish:20160801213320j:image

ありきたりな釣果写真とか本当僕には出来ない。

今から10年前の釣り雑誌の比喩表現には眼を見張るような楽しい表現の仕方があった。

 

例えば、経済的余裕と今のご時世ならインターネットの普及で、道具等のインプレやフィールドを堂々と載せあたかも釣り名人かの如くあーだこーだ語るが笑

そんな人物のキャスティング姿やルアーを選ぶ様、ただの釣りたがりが、自慢したがりか笑?

フィールドまでの移動やetc笑僕は過程とやるきっかけに重き起きたい。

 

まぁ、要するに結果があるなら、その過程と始まりがあるはずである。

それがただの釣りたがりならば、それなりの結果でしかない笑似た者同士集まり、いいねの応酬止まりで綺麗事を並べてはいさよならである。

             f:id:slackfish:20160801230238j:image

要するに‥道具一つフィールド一つその人のスタイルが伺える様なアングラーを見ない笑

みんな似た様な表現でしかない。

何が知りたいかは、、そこに狙いの魚が居るか?から始まり買うルアーには雑誌の用に釣れて欲しい笑そしてあわよくば魚を持って写真を撮りたい爆笑そして人気者になりたいが八割だろうか?

 

そんなsnsを抜け出して、ある意味人間味のある、過程とライフワーク、ルアー作りと自由に書けるブログを始めた。

 

そして大好きな彼は一際写真の撮り方や、サーフィンや魚釣りは勿論、自論を持った人間だ。

他とは違うそんな彼に僕は惹かれる。。

 

                            f:id:slackfish:20160801233556j:image

             久しぶりに2人の影が並んだ。

           久しぶりに鶴丸に2人で乗った。

                 f:id:slackfish:20160801233655j:image

お互い釣りをしなければ出会えなかったし、お互い色々刺激を貰えなかった。

           f:id:slackfish:20160801233758j:image

何も釣れない佐多岬を後にして、2人気ままに夏を満喫した。

帰り際に僕がバス釣りしてくるよと語りかけ、また遊ぼうと一言声をかけ帰路に着いた。

そして入籍おめでとう❤️お幸せに❤️

                        f:id:slackfish:20160801233950j:image

 

https://youtu.be/t5hk-tvm6jA

佐多岬に行ったつもりでどうぞ。

まだまだ夏は長い‥。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルティメット軍団夏磯開幕佐多岬

                f:id:slackfish:20160718213125p:image

いつものアルティメット軍団で、本来なら東シナ海に浮かぶ孤島に行く予定だったが‥

天候不良で今回も東シナ海に浮かぶ孤島を断念した。

日程と天気はいつも上手く行くはずがない笑

                  f:id:slackfish:20160718213829j:image

沖磯というのは海岸線沿いや名所の断崖絶壁から見える離れ瀬や陸続きだが、歩いては行けない場所に渡船という渡し舟に乗り、瀬に上げてもらうフィールドである。

鹿児島の佐多岬はとても魅力的かつ利に適ったフィールドだ、最高な漁場と自然が織りなす魚礁と黒潮、鹿児島の太平洋側で、最高のシチュエーションにいつ何時何が掛かるか分からないフィールドなのは言うまでもない。

東シナ海側は何処も船が出ない為、風裏の佐多岬に向かう、田尻港には何隻か渡し舟がいる、各船、船長の色が出る渡船ばかりだが、天候不良で底物の餌を購入してた為、無駄にする訳にもいかず‥急遽も急遽でダメ元で、鶴丸の船長に連絡を入れた。

 

アルティメット軍団の団長ハナキン師匠

f:id:slackfish:20160718215959p:image

底物一筋頬張るおにーにワッチョイ今ちゃん

f:id:slackfish:20160718220048p:image

流行りのスルスルご飯粒ほっぺたのケンジオジ

f:id:slackfish:20160718220132p:image

ヘンテコ頭で船上腕立て伏せ僕

f:id:slackfish:20160718220416p:image

 

朝も8時から磯に上がるバカスッタンタン

f:id:slackfish:20160718220615p:image

 朝イチマジックも軽く無視である笑

 

 皆んなで仲良く磯に上がり、灼熱の太陽を見上げる

              f:id:slackfish:20160718220732p:image 

また、今年も皆んなでこれた、ありがとう佐多岬

僕らは不真面目さ全開でバーベキューから始める。

             f:id:slackfish:20160718220930p:image

釣りしに来たが、何が何でもこのメンバーで揃う時はバーベキューがメインイベント。

              f:id:slackfish:20160718221318p:image

             f:id:slackfish:20160718221035p:image

灼熱の磯の上で肉を喰らう男の眼差しは、、、俺の肉に手を付けるなよ的なケンジオジの目で幕を閉じ、皆んなが一堂にお昼寝を開始し、迎えの2時まで各々で釣りを楽しんだ。

今ちゃんはウツボフィーバーでやる気を無くし‥

ハナキン師匠は浅い東側での上物釣りに四苦八苦しつつ小さいクロをポツポツと、、

ケンジオジは、訳の分からない奴に切られ‥

自分はハガツオ1匹という、、

          f:id:slackfish:20160718221654p:image

4000円払いましたが赤字な結果だが笑

                      f:id:slackfish:20160718221711j:image

まぁ、皆んなで一緒に過ごせる時間が大切なのだ!

                 f:id:slackfish:20160718221810j:image

いつまで経っても楽しいって思う気持ちを忘れてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままんま釣り釣り動画?!

一カ月間友人やらよしちゃんやらと皆んなで色々釣りを楽しめたので。

               f:id:slackfish:20160714224622j:image

 

不真面目過ぎてる笑一カ月間の動画でしたがね。

https://youtu.be/mC77GMOa4fo

初心者からベテランまで巻き込みましたが

フォーカスのあて方がオカシイです爆笑

どこにフォーカスをあてる?

遊びの過程にあてる。

また今週末も上物から底物からと賑やかな約束をしてるのだが‥。

 

きっかけ作り

             f:id:slackfish:20160705231025p:image

                  チヌは釣りきったので笑

最近ルアー釣り興味ありますとか、釣り始めましたとか、そういう人たちと、健二オジを除き笑

お揃いコーデの兄ちゃんから笑

まぁルアー釣りのきっかけといいますか、別に僕じゃなくていいんですが笑

ルアー釣り楽しいな的な事を仲間内でしてる‥。。

 

 

              f:id:slackfish:20160705231435j:image

                    f:id:slackfish:20160705231507j:image

                    f:id:slackfish:20160705232031j:image

 

                    f:id:slackfish:20160705231626j:image

ラーメン釣りラーメン釣りと夏は楽しむのが一番笑

               f:id:slackfish:20160705231716p:image

そろそろ磯に降りようと思ってる今日この頃な訳だが。

                       f:id:slackfish:20160705231814j:image

                              f:id:slackfish:20160705231842j:image

まぁ、湾内でも歩き倒してますね。

 

真昼間湾内パトロール梅雨の晴れ間

                 f:id:slackfish:20160630220313j:image

          自称人間GPS?!歩く魚探人間?!

僕は目で見た場所は頭の片隅にインプットして行く。

錦江湾内は道路や民家の人の目線さえ気にしなければ楽しめる。

晴れ間が覗いた午後から、居ても立っても居られなくなり、ロッドを片手に散歩がてらプラプラである。

 

自分の時間が出来たら2、3年前ならやたらめったら磯に通ったが、最近は湾内の人目につかない場所を歩いて色んな気持ちに浸る方が楽しい。

 

自分はビーサンでほっつき歩くが、基本魚釣りはきちんと靴を履いて挑んだ方がいい。

河川絡みは大抵人が多いから、まず行かないわけだが。

                   f:id:slackfish:20160630221157j:image

                           

なるべく人目につかないように釣りしますが‥笑

ちょっとした磯を軽く回れば自分だけのネイチャーフィールドが待っている!

いつもは左回りだが、今日は右回りからの初挑戦である。

あくまでも自論だが、、、

梅雨時期の湾内は至る所から雨水が流れ出し、満潮から下げでは、大まかに言えば、錦江湾自体が1つの河川と思って釣りをする。小さいベイトを追いかけて、マルスズキは勿論色々なフィッシュイーターがシャローを回遊してくる。

 

 

                  f:id:slackfish:20160630221009j:image

蟹さんの行列を観察してみるが、何か餌でもあるのか?

                   f:id:slackfish:20160630221545j:image

ダツの猛襲を横目に沖にペンシルを放ったらマルスズキがヌメっと来たが二回もバラして、気を悪くする羽目になる。

                    f:id:slackfish:20160630221710j:image

大本命の黒鯛である。

                    f:id:slackfish:20160630221744j:image

                            f:id:slackfish:20160630222010j:image

 

                         黄色いチヌも笑

                          f:id:slackfish:20160630221810j:image

実は赤い鯛真鯛も視野に入れながら湾内を回るが、いかんせんサーフェス方が楽しいから仕方なく時間オーバーになる。

                   f:id:slackfish:20160630222029j:image 

そろそろ真鯛を食べたいのだ。